花結びのクラフトバック 色々
お財布がが入るくらいの大きさのバックです。
このサイズを3~4個作りました。
CIMG7937.jpg
これも上と同じくらいの大きさです。
CIMG8033.jpg

こちらはぐっと小さくバックチャームです。
残り紐で出来ます。
マチが3㎝と1㎝の二種類、眺めてるだけでも可愛いです。
CIMG8042.jpg

【2017/11/18 17:42】 | クラフトバック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花結びのクラフトバック 完成!
7月から始まった花結びのクラフトバック教室。
水で濡らして形を整えてから一か月、
最後は柿渋を塗りました。
無臭柿渋50ccに水50ccを加えて薄めた液を刷毛でまんべんなく塗りました。
残り紐で作ったミニのクラフトバックと飾りにも塗りました。
時間がたつと色がもっと濃くなるそうです。
CIMG8061.jpg


【2017/11/18 17:24】 | クラフトバック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花結びのクラフトバック教室
花結びのクラフトバックがほぼ出来上がりました。
次回は柿渋を塗って完成となります。

柿渋塗を塗らなければこれで完成です。

CIMG7949.jpg

編みあがったバックを水にぬらします。

「濡らしてこする」とは聞いていましたが実際に目の当たりにしてビックリでした。
事前にどんな風にするのかネットで調べてはみたのですがわかりませんでした。

IMG_20171016_105923.jpg
IMG_20171016_110343.jpg

内側をペットボトルでゴシゴシ擦り編目や形を整えます。

素材は紙なのに・・・水を吸ってフニャフニャにならないのかな。
そんな心配をよそに容赦なく力を入れてゴシゴシしてると、
ゆがんでた編目や形がきれいに整ってきます。

IMG_20171016_110000.jpg
IMG_20171016_110008.jpg

編目を整えたら家でしっかり乾かします。
IMG_20171016_110737.jpg

【2017/10/20 23:52】 | クラフトバック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花結びのクラフトバック
花結びのクラフト教室で縁の巻き方を教えてもらいました。
教室とは別に並行して進めていたバックの縁を仕上げていきます。

まず縦ひもを5センチくらいに切り2本ずつバッテンにしてボンドで止めていきます。
CIMG7857.jpg

次にバッテンの上に紐をボンドで止めていきます。
その上に補強で外側2周り、内側1周りボンドで止めます。
CIMG7861.jpg

CIMG7863.jpg

余分な縦ひもを切りふち紐を巻いていきます。
外側から最初の穴に通し次は4つ先の穴に入れて3穴もどるを繰り返します。

CIMG7873.jpg

紐が足りなくなったのでボンドで繋いでいます。

CIMG7872.jpg

縁を巻くとふにゃふにゃしていたのが、しっかりとしてバックらしくなってきました。
CIMG7875.jpg

次は持ち手待ちです。
CIMG7881.jpg

【2017/10/02 02:27】 | クラフトバック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花結びのクラフトバック
花結びのクラフトバック教室でさし紐の仕方を教えてもらい、
一段二段と進み最後の8段目まできました。
縦ひもが足りるか心配でしたが次のステップに必要な長さはあったのでほっとしました。
ちなみに、さし紐を入れた一段目で横ひもが足りなくなり
ボンドで繋いでいた人がいました。
しっかり引き締めていかないと紐が足りなくなるという事です。
後はふち紐の巻き方と持ち手の付け方を教えてもらいます。
編みあがたっら水につけてこすり最後に柿渋を塗って仕上げるそうです。
イメージがわきませんが柿渋を塗る工程が楽しみです。

CIMG7419.jpg

これは二つ目、以前クリスマスリースように買ってあったので
練習のつもりで平行して作っていました。
慣れてくると結構速くできてしまいふち紐の巻き方待ち。
CIMG7421.jpg

次はほかの色でもとネットで赤とサーモンそれにネイビーブルーを注文。
これはそのうちのサーモン。落ち着いたピンクって感じです。
CIMG7411.jpg

【2017/08/30 22:29】 | クラフトバック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ