道具色々
コットンを紡ぐのに初めはsupindoru.gif手作りスピンドル、これでしばらく紡いでみたが、時間がかかるので次はitoguruma.gif糸車を作ってみた。使ってみるとスピンドルよりこっちの方が断然速い。

こもこれもしばらく使っていると、もっと速く紡げないかと思うようになり、それで最後は何時も使っているerizabesu.gif紡毛機で紡いでみた。やっぱりこれが一番速く紡げるのです。

以前紡毛機で挑戦したことがあったけど、そのときは引き込みが強すぎたのか、経験不足もあり、撚りが伝わる前に切れてしまい上手くいきませんでした。何時も思うんですけど、ちょっとしたコツで使えるようになるんですよね。


【2007/05/31 08:09】 | 道具 | page top↑
オーガニックコットンのショール
mafura.jpg

ショールを織るつもりではなかったのに、織りあがって水通しして、乾かしながら眺めた見たら、風のゆれ具合からこれはやはりショールかな~。
バッグとその他小物を作ろうと思って織ったけど、少し生地が薄すぎ(というか、頼りない感じ?)ました。なので急きょショールに変更です。

このところ染色は藍と桜とカモミール、同じ色を使っても組み合わせや使う割合で、ずいぶん雰囲気が変わります。今回は白地に大き目の格子のつもりだったが、白い糸が足りなくなりそうだったので、途中から模様を変えました。でも、同じパターンより変化があっていい感じに。
カモミールの黄色、色が薄くてあまり色彩効果なしでした。


【2007/05/26 22:22】 | 織り・編み・紡ぎ | page top↑
初夏の風景2
IMG_7571.jpg国道291号を水上方面へ走るとJRの土合駅がある。この駅は新田次郎の小説にも出てくる。谷川岳への登山者がここで降り山へ向かうのだ。無人の駅で中に入ると三角の高い天井がまず目に入る。ひんやりした空気と鼻を突く古臭い臭い。無人の改札口を抜けて左側へ行くと下り線で新潟方面、長い通路をしばらく歩くと、今度は462段の長い下り階段がありそれを降りたところに地下ホームがある。(階段の降り口までは行った事があるけど実際に降りたことはない。階段の上から下を覗いても終わりが見えないくらい長い。)改札口を右側へ行くと上り線でで大宮上野方面、地上ホームにでる。


IMG_9359.jpg今の時期、車の乗り入れがまだ規制されておらず、一の倉沢まで車で行くことが出きる。遠足なのか、紺のジャージを着た中学生?が沢山いて、川原でお弁当を食べたり、水と戯れたり、とても楽しそうであった。山肌の雪も溶け川となって流れ出す。水が透き通るように綺麗で冷たい。



【2007/05/23 22:18】 | 日々の様子 | page top↑
初夏の風景
maronie.jpg


公園に向かう途中、街路樹のマロニエが今を盛りと綺麗に咲いていました。
公園の池の周りにはピンクの桜草が、その中にローズ?色に咲いているこの花は何と言う名前だったか・・・。
高速から見る谷川岳の雪もだいぶ解けて、山肌が見えるようになってきています。

【2007/05/22 23:19】 | 花・ハーブ | page top↑
自己中心的なネコ
neko.jpg

我が家のペットはネコ2匹。

この織機の椅子は密かに狙われている。
薄茶色のネコがものすごく意地悪なため、2匹一緒に同じ部屋に居ることが出来ない。
別々の部屋におき、行き来できないようにしておかなければならず、
飼い主としては、はなはだ困りはてて居る。
ましてや、ツーショットで写真に納まることなどありえない話。
自分一匹だけのときは精一杯の可愛らしさ?で甘えてくるのだが、相手がこのテリトリーに入るのは許せないらしい。
だから、体の小さい三毛猫は何時もびくびく・おどおどしていて、ほんとにかわいそうな日々を過ごしている・・・・。



【2007/05/20 19:12】 | 猫・犬 | page top↑
| ホーム | 次ページ