しめ縄作り
晴れてはいたが、時折冷たい北風に小雪が舞う寒い日になった昨日、
地域の人達としめ縄作りをしました。

講師の方が作ったしめ縄を見本に、同じものを作っている人、
慣れた手つきで自分なりのしめ縄を作っている人、様々。
2時間ほどでほぼ皆さん出来上がり、持って帰られました。

P1070889.jpg

これが講師の方が作ってくださったものです。
P1070883.jpg

これは、私が見本のしめ縄を参考に作ったもので、
あまり綺麗に出来ませんでしたけど、なんとか形になりました。
P1070891.jpg

【2011/12/24 22:17】 | 催し物・行事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コリデールで手編み帽子
P1070804.jpgコリデールの羊毛を紡いで↓帽子を編みました。

同じ素材を使っていても、
←前回作ったフェルトの帽子とは
又、違った雰囲気になりました。


P1070853.jpg

刈り取って脂や汚れなどが付いたままのグリージーウールを買って使っていますが、
このコリデールの毛はゴミがほとんどなく
ステイプル(房)もフェルト化せずクリンプ(房のクリクリ?)も細かく綺麗でした。
色はモーリットで、とてもやさしい感じの色です。

P1070760.jpg

縄編みにしようと編み始めましたが、なぜかしっくりしない・・
この糸にはシンプルなメリヤス編みの方が似合いそう、
そんな気がして縄編み用に目の配分をしたまま表編みで仕上げました。

P1070857.jpg

【2011/12/22 19:49】 | 編み物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つむじへ納品
「フェルトの帽子が売れてしまったので在庫あれば・・」と
数日前に連絡を下さったつむじへ、今日納品させていただきました~

つむじ広場には可愛いツリーが飾ってあり、
広場から見える足湯は、窓ガラスが湯気で曇りその向こうに2人人影がみえました。。
寒さも加勢してか、とても静かな時間がながれていました。
P1070815.jpg

納品させていただいたフェルトの帽子と手編みの帽子です。
P1070810.jpg

つむじホールにある暖炉の火がふぉんわか暖かくて癒されました。
暖炉の脇には「ご自由にどうぞ」という張り紙とともに古本がおいてありました。
時間があれば暖炉の前でのんびりと読書というのもいいですね。
P1070811.jpg

【2011/12/19 20:20】 | 日々の様子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
羊毛フェルトの帽子作り
今日は朝から羊毛フェルトの帽子を作りました。

窓ガラスの結露が白く凍り曇りガラスの様になっていた寒い朝でしたが、
このフェルト作りは体力を使うので、始めると間もなく体がぽかぽかしてきました。

取り付けるレースやフェルトのひもなどによって雰囲気が変わります。
P1070804.jpg

今回使った羊毛はコリデール、刈り取ったままのグリージーウールです。
まず綺麗に洗いカードしてからフェルト帽子作りに入ります。
P1070754.jpg

羊毛フェルト帽子作りの工程
P1070789.jpg  P1070792.jpg  P1070795.jpg
型紙の上に羊毛を並べ、その上からお湯をかけて馴染ませ型紙に合わせて折り返す。
次に石鹸水をかけながらビニール袋等をはめてこすりフェルト化させる。

P1070797.jpg  P1070798.jpg  P1070801.jpg

フェルト状になったら被り口の方を切り型紙を取り出す。
更に丸めて転がし希望のサイズまで縮めていく。
希望サイズになったら洗って脱水、アイロンで形を整えて出来上がり。




【2011/12/18 17:58】 | フェルト・ニードルフェルト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日も焼いたこねないパン 
きょうの捏ねないパンはお砂糖を少し多めに入れてみました。

そしてビニール袋から取り出した後、
打ち粉をしたまな板の上にたたきつけては折りたたむのを10回ほどやったので
比較的なめらかな生地になり、前回のような表面のでこぼこがなくなりました。

こんがり美味しそうな焼き色、釜伸びもすごいです!
ちなみにこのパンは強力粉600gで仕込み
焼き上がりは25~6cm×23~4cmで重さちょうど1キロでした。
P1070774.jpg

焼きあがったパンの断面はキメ細やかではないですが、もちもちして美味しいです。
P1070787.jpg

材料を混ぜ合わせた生地をビニール袋に入れ(混ぜるだけでまったく捏ねません)、
それを更に膨らまないように木綿の袋に入れ発酵させます。 
P1070765.jpg

パンパンに膨らんで固いボールのようになったら(袋のシワが消えます)袋から取り出し、
生地を馴染ませるように軽く揉みながら好みの形に整型し第二次発酵させます。

P1070772.jpg
捏ねないし一次発酵後の生地を揉んだりたたきつけたりと手荒に扱い、
ベンチタイムもとらず直ぐ整型発酵してますが、意外と美味しく焼きあがりますよ 

手間もかからず、洗い物も少なく、
整型の時に少し手で触るだけで手が粉だらけになる事も無く
この捏ねないパン作りは最高ですよ。

【2011/12/15 22:51】 | パン・お菓子・料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ