食パン型のミニスティックとミニキューブ型で焼く
今日はスティック型とミニキューブ型で焼いてみることにし、
1.5斤分の生地を捏ね、ミニキューブ型にはラム酒漬けのレーズンをいれました。
P1080836.jpg
細長いスティック型の発酵が早めでキューブ型と少しずれ気味。
蓋をして焼くこと30分。
P1080837.jpg

細長い方は生地が型のふちにはみ出し気味で焼きあがりました。
P1080843.jpg

7.5センチ角と6cm角のミニパンです。
昨日から焼いているパンのレシピは
全体にどれも甘めで味はどうかな・・って感じでした。
P1080850.jpg

【2012/04/26 19:29】 | パン・お菓子・料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
食パンの型色々
夕方、仕事から戻ると
注文していた食パンの型が届いていました

P1080792.jpg早速開けてみると、
一つ一つエアーパッキンで包まれ
丁寧に梱包してありました。
ミニスティック・ミニキューブ型・
勾配のない食パン型の1斤と1.5斤と2斤、他。
ずっしり重いダンボール箱です。

製品もしっかりしたもので、特にキューブ型は可愛らしくて早く使ってみたくなりました。

P1080801.jpg  P1080807.jpg  P1080810.jpg
下処理をしないと使えないので、夕食もそこそこに、全部を2回に分けて空焼きしました。
40分空焼きし次にオイルを塗って又10分空焼きで終了、これを2回行いました。
空焼きが終わると同時に、直ぐ焼けるようにキューブ型の生地を捏ねて発酵させます。
P1080818.jpg
型からスッポリと抜け7.5ミリの真四角なパンが綺麗に焼けました
甘めでバターたっぷりのリッチなパンです。焼きたては外はパッリとして中はふんわりです。
荒熱が取れたらビニール袋に入れておくと全体に柔らかになりました。
P1080827.jpg

時計の針は12時を回り片付いたのは1時半を過ぎていました・・

【2012/04/26 19:15】 | パン・お菓子・料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
洗濯バサミ猫
洗濯バサミを使った猫クリップが一つ二つと増え、カーテンは更ににぎやかになりました。
青い猫クリップは以前絞り染めした「あ」の生地を使って作ったものです。
大きいのが3個と小さいのが1個が作れました。

P1080747.jpg

YUWAのドット柄が可愛い黄色のねこクリップ、
ミシンで縫い、綿を詰めた後、とじる時だけ手縫いでチクチクしました。
P1080717.jpg  P1080718.jpg  P1080721.jpg
P1080735.jpg
P1080722.jpg  P1080726.jpg  P1080728.jpg




【2012/04/23 17:19】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チーズケーキを持って誕生会へ
久々にスフレチーズケーキを焼き、地域の方たちとのお誕生会に持っていきました~
12等分したので小さくなってしまいましたが、
「柔らかくて美味しい」などと言いながら皆さん綺麗に食べてくださいました。
P1080691.jpg

裏ごしした手作りのアンズジャムにラム酒を加えて塗りました。
P1080696.jpg

桜餅やこごみの胡麻和えにたくあんなど参加者からの差し入れもいっぱい。
P1080703.jpg

お弁当を食べてバースデーソングを歌ってケーキを食べて、
おしゃべりして盛り上がり、たのしいひと時が過ぎていきました。
P1080700.jpg

始まるまではどうなる事やら・・・の心境でしたが、終わってみたら大成功でした。


【2012/04/20 22:17】 | パン・お菓子・料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新顔のにゃ~ちゃん
最近毎日やってくる新顔の猫。

朝起きて雨戸を開けるともう窓の下に来ている、そして「にゃ~ん」と挨拶する。
寒くて可愛そうだからとダンボール箱を置いてやると、そこでお昼ねして過ごす。
餌をあげても、どこかでもらっているのかガツガツと食べるわけでもない、
家の中を覗いては「にゃ~ん、にゃ~ん」と鳴く。
開いている窓から「にゃ~ん」と鳴きながら入ってくる。黙って入れば分からないのに・・・
夕方雨戸を閉めようとする時間でもまだ居る。
暗くなっていなくなるのを待ってからそ~っと閉めたりすることもしばしば。
それでも居なくなるからどこか帰る場所があるのかな・・・

IMG_6488.jpg

IMG_6502.jpg

IMG_6506.jpg

【2012/04/16 22:57】 | 猫・犬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ