羊毛フェルトのころころがま口
球形の玉を使って羊毛フェルトのがま口を作ってみました
最初は球を使うということに抵抗がありましたが、
実際に使ってみると出来上がりのフォルムがすごく可愛いので、この方法もありですね
P1080048.jpg

ドットは後から少し薄い部分の補修も兼ねて、チクチクと刺しました。
P1080034.jpg
横からみたコロコロしたふくらみもいいでしょ
P1080035.jpg

【2012/01/15 16:35】 | フェルト・ニードルフェルト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フェルト用の材料買出し
P1080008.jpgフェルトの帽子や編み物用の糸紡ぎで
羊毛の在庫が少なくなってきたため、
昨日は、久しぶりにパオへ
羊毛を仕入れに行ってきました。


今回はグリージーウールではなくそのまま使えるスライバーを購入。
ブラックメリノのライトグレーとロムニーのライトグレー、それに染色ロムニーの黒。
P1080012.jpg

その後前橋のドリームで球形の発泡スチロールを買い高崎へ。
ビシーズでがま口の口金とコサージュのピンを購入。
これだけあれば、又しばらくはがま口やコサージュ・帽子作りができそうです。
P1080015.jpg

【2012/01/10 22:19】 | フェルト・ニードルフェルト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
羊毛フェルトのがま口が完成
昨年の秋から「作ろう作ろう」と思っていた羊毛フェルトのがま口、
考えるだけでも難しそうでのびのびになっていましたが・・やっとかたちになりました 
P1070980.jpg
P1070982.jpg
ボールなどを使って作る方法が本やネットなどに載っていましたが、
この作り方には気が進まず、他の作り方を考えていました。

それで、今年になってふと思ったのは、
布で作るのと同じ様に型紙を起こしてから(布ほど正確でなくて大丈夫)
普通に、羊毛の縮絨を考慮して元の型紙を拡大した
フェルト用の型紙をつくればいいのだと言う事。

一番気になっていた口金とフェルトの開き口のサイズ調整は、
短めだったら切ればいいし、長すぎれば更に縮絨する、とても簡単なことでした。

P1070981.jpg
P1070985.jpg
P1070986.jpg

【2012/01/08 22:37】 | フェルト・ニードルフェルト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
羊毛フェルトのコサージュ
P1070955.jpg今朝は、今シーズン初の大雪で
辺り一面真っ白、
日中も気温が上がらず
寒い一日でした。

今年に入ってから羊毛のフェルト帽子を一個作ったので(写真右のグレーの帽子)、
昨日からそのフェルト帽子につけるコサージュを何個か作りました。

羊毛の種類によって出来上がりの質感が違います。
P1070963.jpg

【2012/01/05 23:26】 | フェルト・ニードルフェルト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
羊毛フェルトの帽子作り
今日は朝から羊毛フェルトの帽子を作りました。

窓ガラスの結露が白く凍り曇りガラスの様になっていた寒い朝でしたが、
このフェルト作りは体力を使うので、始めると間もなく体がぽかぽかしてきました。

取り付けるレースやフェルトのひもなどによって雰囲気が変わります。
P1070804.jpg

今回使った羊毛はコリデール、刈り取ったままのグリージーウールです。
まず綺麗に洗いカードしてからフェルト帽子作りに入ります。
P1070754.jpg

羊毛フェルト帽子作りの工程
P1070789.jpg  P1070792.jpg  P1070795.jpg
型紙の上に羊毛を並べ、その上からお湯をかけて馴染ませ型紙に合わせて折り返す。
次に石鹸水をかけながらビニール袋等をはめてこすりフェルト化させる。

P1070797.jpg  P1070798.jpg  P1070801.jpg

フェルト状になったら被り口の方を切り型紙を取り出す。
更に丸めて転がし希望のサイズまで縮めていく。
希望サイズになったら洗って脱水、アイロンで形を整えて出来上がり。




【2011/12/18 17:58】 | フェルト・ニードルフェルト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ