谷川岳 下山する
ガスで視界不良の為、晴れていれば見えただろう絶景に心残し12時10分下山開始。

12時13分 オキの耳を後にしばらく下ると大きな岩が見えてくる 
P1100982.jpg
12時15分 岩下から登ってくる登山者 12時20分 一番幅狭の所から下を覗く。 
P1100985.jpgP1100991.jpg

依然ガスで視界が悪い中、滑りやすい足元を気にしながら皆もくもくと下山していく。
P1100993.jpg

12時44分 西黒尾根と肩の小屋分岐点通過  薄っすらと見えるこれは?
P1100995.jpgP1100998.jpg

12時56分 一瞬ガスが晴れ少し視界が開ける。
P1110008.jpg

13時7分 再び視界が悪くなる。    13時11分
P1110013.jpgP1110015.jpg

13時17分 又ガスがとれ茶畑の様な景色が目の前に広がる。
P1110017.jpg

13時44分 天狗の留まり場着 雨が降ってきたのでここで雨具着用。
岩の上から下を見る。        
P1110029.jpg

13時46分 天狗の溜まり場の紅葉  14時20分 急な斜面のため渋滞発生
P1110034.jpgP1110038.jpg

14時45分 熊穴沢小屋着 写真だけ撮って通過
P1110040.jpg

15時14分 天神峠からの合流点    15時39分 天神平着
P1110043.jpgP1110046.jpg

リフト乗り場近くのベンチで少し休んでからロープウェイで下りました。

16時25分 下山カード提出
P1110051.jpg

足場が濡れて滑りやすくなっていたが事故も無く無事下山出来ました。
お土産を買って駐車場へ行くと、
朝はにぎやかだった駐車場が数台あるだけでがら~んとしていました。

帰りは、のんびりと道の駅の足湯で足の疲れを癒してきました。
P1110054.jpg

念願だった谷川岳登山、天候には恵まれませんでしたが無事終わりました。

【2012/10/07 23:59】 | 谷川岳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷川岳登山 初登頂
10月7日 4時半起床、お弁当を作って谷川岳に向け6時半出発。
天神平までロープウェイで行き、そこから右側の登山道を登って行く。
最初の予定ではリフトで天神峠駅まで行くつもりでしたが、
リフトを使う人は少なく、皆右側の登山道方面へ向かっていくのを見て予定変更。
皆の後をついて登って行く事にした。
それにしても、人の多さにビックリでした。

登頂までの実際にかかった時間経過

天神平 8:20→ 熊穴沢小屋(通過)9:06 → 天狗の留まり場(通過)9:53

天神ザンゲ岩着(雨具着用)10:27 肩の小屋着(食事トイレ休憩20分)10:48
 
トマの耳着(滞在12分)11:30登頂  オキの耳着(滞在11分)11:59登頂

登頂までの様子。
8時20分 登山開始
P1100871.jpg

8時39分 渋滞発生、この時間に降りて来る人もいました。
P1100877.jpg

9時6分 熊穴沢避難小屋案内標識前 2ヶ月前はここまで来て折り返した。
P1100884.jpg

9時8分 急なクサリ場           9時22分 又もやクサリ場 渋滞発生
雨の後でぬかるんで滑りやすくなっていたので手をつきながら登っていく。
P1100887.jpgP1100892.jpg

9時27分 岩場を登る。          9時47分 森林限界を越えて視界が広がる。
P1100898.jpgP1100915.jpg


9時53分 天狗の留まり場通過
P1100919.jpg

9時57分 ガスって視界が悪くなってきた。   10時18分 ゴツゴツした岩場を歩く 
P1100924.jpgP1100925.jpg

10時27分 天神ザンゲ岩 風が出て寒くなったので防寒具を着用。
P1100928.jpg

10時36分 益々視界が悪くなり辺りの景色も想像つかず。
P1100931.jpgP1100933.jpg

10時48分 肩の小屋 真っ白で視界不良 小屋の周りは人でごった返していた。
P1100937.jpg

お弁当を食べながら休憩、手がかじかんで思うように動かせない。
100円払ってトイレを済ませ、小屋の中で記念にとバッジを買った。
P1100943.jpgP1100942.jpg
11時7分 山頂目指して出発

11時30分 トマの耳登頂 10分後にやっと記念撮影完了
P1100954.jpg
トマの耳山頂はこの人だかり 写真撮影のために自然と列が出来ていた。
円盤には晴れていれば見渡せるだろう山々の名前が記してある。
辺り一面白一色で何も見えないのがとても残念でした・・・。
P1100950_20121008231050.jpgP1100951.jpg

11時42分 オキの耳を目指して出発   11時55分 山頂が見えてくる
P1100958.jpgP1100964.jpg

11時59分 オキの耳登頂  12時4分 記念撮影完了
P1100967.jpg

しばし心残りのないよう写真を撮るも周りの景色はまったく見えず。
P1100974.jpgP1100978.jpg

12時10分 山頂滞在時間わずか10分足らずで下山開始。  ・・・つづく

【2012/10/07 22:40】 | 谷川岳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷川岳をめざして
天候を気にしながら谷川岳をめざして?家を出発!

長い行列の後に並びロープウェイを待つ。
土合口駅からロープウェイで天神平駅へ、そこから更にリフトで天神峠駅まで行く。
P1100116.jpg

リフトから降りて記念撮影。辺りは人でいっぱい。
P1100124.jpg

ロープウェイを待っている頃から降り出した雨も止みいざ出発!
大きな岩がゴツゴツ突き出し雨でぬかるんで滑りやすくなっていた天神尾根を
目的地に向かって歩き出す。
P1100120.jpg

霧に隠れて見えない谷川岳をバックにポーズ。
天神平からの合流地点まで急な下り坂を滑らないよう気をつけながら降りていく。
P1100131.jpg

無事合流地点まで着くと、
そこからはアップダウンはあるが木道などで整備されていて
天神峠駅からの道より比較的歩きやすかった。が・・
一箇所あったクサリ場は緊張しながら無事通り過ぎる。
P1100158.jpg

クサリ場からしばらく歩くと前方にオレンジ色の建物が見えてきた。
P1100139.jpg

やっと熊穴沢避難小屋へ着いた!!
ここまでの道のり、雨が降ったり止んだりの天候で、引き返そうか・・と
何度か思いながらもあと少しあと少しと歩くうちにやっと到着した熊穴沢避難小屋。

ちょうど4年前は、もっと前の方で引き返し物足りなさが残った山登りでしたが、
これで少し山登りの気分を味わうことが出来感激でした。
避難小屋の中で昼食をとりながら一休み。

P1100147.jpg

谷川岳まで1.8キロ、天神平まで2.1キロの案内表示、
この先、もう少し行って見たい気もしたが、帰りの体力?を考え戻ることにした。

P1100152.jpg

クサリ場を慎重に戻り、
P1100169.jpg

一番きつかった天神尾根への上り坂を時には手を使いながら登り、
P1100184.jpg

天神峠駅からリフトで下り、
P1100215.jpg

少々疲れた体に下界の蒸し暑さを感じながら無事家に着いた。
今回は熊穴沢避難小屋まで、次回は・・?もう少し先まで行ってみたいな。

【2012/08/14 00:42】 | 谷川岳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪の谷川岳 一の倉沢
散歩の途中、谷川岳の稜線がくっきり見えた今日、
P1030476.jpg
あまりにも良いお天気だったので、
ドライブがてら一の倉沢まで行ってきました。
車から出ると、マフラーとダウンジャケットで防寒してもまだ寒かったです。
新雪をかぶった谷川岳をこんな近くで見たのは初めてで
壮観な風景に感動です!!。

24日からは通行止めになります。

P1030519.jpg

P1030528.jpg

P1030538.jpg

P1030537.jpg

【2010/11/19 18:13】 | 谷川岳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪の谷川岳
冬型の気圧配置のお陰で、今日は谷川岳がくっきり見えました。
写真をアップにしてみると、
小屋まで稜線に沿って歩いたような後が見える。
テカテカに光って寒そうだけど登山者がいるのだろうか?
DSC_4109.jpg DSC_4133c.jpg DSC_4124.jpg
同じ様な画面ですがクリックすると大きくなり、歩いたような後がみえます。

雪の谷川岳
雪の谷川岳
雪の谷川岳

【2009/12/29 17:54】 | 谷川岳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ